キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

キャットフードの代わりにドッグフードを与えても良いか

雑食の犬に対して猫は肉食です。そのため、猫がドッグフードを食べ続けると健康に悪影響が及びます。
キャットフードとドッグフードの違いや猫がドッグフードを食べ続けることのデメリットについて確認してみましょう。

キャットフードとドッグフードの違い
キャットフードは肉食の猫のために、ドッグフードは雑食の犬のために作られたものです。よって、ドッグフードには猫にとって必要ないくつかの栄養素が十分に含まれていません。

猫がドッグフードを食べ続けると不足する可能性がある主な栄養素は次の通りです。

・タウリン
心臓や肝臓の機能を高め、血圧を正常に維持する働きのあるタウリンはアミノ酸の一種。目の網膜にも含まれており、網膜細胞を再生するときにも使われています。
犬は体内でタウリンを生成できますが、猫にはタウリンを作り出す機能が備わっていません。そのため、食事からタウリンを摂取しなければなりませんが、ドッグフードはタウリンの含有率が低いです。
猫がドッグフードを食べ続けた場合、失明したり、心臓病になったりする可能性があります。

・ビタミンA
目の機能を正常に保ったり、皮膚や粘膜の健康を維持したりするビタミンAは猫や犬にとって不可欠な栄養素。犬は緑黄色野菜などに含まれる色素の一種βカロテンをビタミンAに変換する機能を持っているため、ドッグフードにビタミンAは含まれていません。

その一方、猫は体内でβカロテンをビタミンAに変えられないため、食事からビタミンAを摂取しなければなりません。猫がドッグフードを食べ続けると目に異常が出たり、食欲が落ちて体重が減少したりする危険性があります。

・ナイアシン
炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を助け、皮膚の健康を守るナイアシンは猫にとっても欠かせない栄養素。犬は体内でナイアシンを合成できますが、猫にはその機能がないため、食事から摂取しなければなりません。
猫がドッグフードを食べてナイアシンが不足した場合、皮膚炎になる可能性があります。

・タンパク質
肉食の猫にとってタンパク質は重要なエネルギー源です。犬は摂取量に合わせてエネルギーとして使うタンパク質の量を調節しますが、猫は摂取量にかかわらず、一定量をエネルギーに変換します。

このため、猫がドッグフードを食べてタンパク質が不足すると体を構成しているタンパク質をエネルギーとして使ってしまう可能性があります。


まとめ
猫と犬は必要な栄養素が異なります。猫にはドッグフードは与えず、必要な栄養素を含んだキャットフードを与えて健康を維持しましょう。