キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

キャットフードの形態と利点・欠点

キャットフードは固形飼料であるドライフードと缶入りである猫缶の2種類である事が多いです。まず、ドライフードと猫缶の共通点ですが肉食である猫にとって有害な穀物がお互い入っておりません。
続いて双方の利点と欠点についてですがドライフードの利点は餌を袋詰めにして販売されるので数カ月又は数年間において長期間保存出来るうえに便利で安価に手にいれることが出来ます。また猫の歯の健康を猫缶より高く維持することは出来ます。しかし欠点として遮光性等特殊な形状のものも有りますが酸化しやすいため一度封を開けたら早めに使い切らなければなりません。
必要な水分量を水などで補わなければならなかったり、餌の与えすぎで肥満になったりするという欠点があります。一方、猫缶の利点は量が分かりやすく小分けされた状態で販売されています。値は張りますが猫缶は猫の成長に適量の水分が含まれており、肉食たる猫の自然に食べる餌に近い作りになっています。また、猫の肥満をある程度軽減することが出来ます。
けれども、虫歯になりやすい、賞味期限が短いという欠点があります。最後にどちらの餌が猫に向いているかですが獣医師の多くは猫缶を推奨しています。
しかし、どちらにしても餌だけでは猫の健康管理は不十分です。なので、きちんと猫の歯を磨き、市販で売られているおもちゃ等を使い、運動をさせてから飼い主の経済状況に適した餌を与えることを推奨します。