キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

カロリーが気になったら

猫って見ているだけで癒される存在だと思います。
前足で顔をこする姿や伸びをする姿なんて本当に可愛いですよね。
可愛すぎてついついねだられるままにキャットフードをあげてしまうこともあるのではないでしょうか。
キャットフードを嬉しそうに食べている姿は可愛いですし、喜んでくれるのは嬉しいものです。
こちらのキャットフードと馬の肉についての解説も大変興味深いので、よろしければご覧になってみてください。

しかし、もちろんキャットフードを与え過ぎてしまえば猫は太ってしまいます。
少しぽっちゃりした猫も可愛いですが、肥満は様々な病気の原因となります。
肥満になると消化器官への負担が増えたり、脂肪肝がつきやすくなり、症状が進行すると死に至る場合もあり、愛猫の寿命を縮める原因になってしまうので気をつけなければなりません。
キャットフードを与え過ぎていなくても運動不足から肥満になってしまうこともあるので猫じゃらしなどを使って一緒に遊んで運動させてあげると良いでしょう。

愛猫が太ってきた時に気になるのがキャットフードのカロリーではないでしょうか。
ダイエットさせるためとはいえキャットフードの量を減らすのは可哀想ですから、同じ量でカロリーの低いキャットフードを与えてあげることで愛猫に無理をさせずにダイエットさせることが出来ます。
カロリーの低いキャットフードを食事に取り入れて肥満を解消することで愛猫の健康を守ってあげましょう。
生後1年を過ぎた猫に必要な摂取カロリーは体重×80kcalだと言われていますが、家の中で飼われている猫は体重×70kcalが適量です。
猫の体重はだいたい3.2kg~4.5kgで、6.4kgを越えると肥満と言われているので、愛猫の体重が適性体重より重たくなったと感じたら早めにカロリーの低いキャットフードを食事に取り入れてあげると良いでしょう。
通販で人気のキャットフードのランキングサイトがこちらにあります。
カロリーの低い人気の商品もありますので参考にしてください。

愛猫が肥満になってしまったらその原因は飼い主さんにありますから、飼い主さんがきちんと食事の管理や適度な運動をさせてあげてください。
愛猫の健康を守ってあげられるのは飼い主さんしかいません。
可愛い愛猫のために必要なカロリーや適性体重を知って愛猫との楽しい生活を送りたいですね。
種類がたくさんあって迷った時は、キャットフードの選び方を参考に選びましょう。
ドッグフードもキャットフードと同じように、天然由来の原料http://familyfunsoftware.com/syu.htmlを使っていると健康に良いので安心です。
また、猫が魚を好む理由についての記事も興味深いです。