キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードよりもキャットフードの方が、味が濃くうま味が多いと聞きます。その理由は、猫は犬よりも多くの栄養素を食事から摂る必要があるからだそうです。
ビタミンB群やタウリン、タンパク質など猫には必要不可欠な栄養素ですが、体内で生成できません。そのため、そういった成分を調合し、しかも猫好みの味付けに合うるとキャットフードはかなりグルメな味となるそうです。昔から猫は魚が好きで、犬は肉が好きと言われるようにM猫には魚の様にタンパク質を多く含む食品が欠かせず、犬はエネルギーの維持が不可欠なので肉類を多く摂ることから言われているのでしょう。
ドッグフードはキャットフードのように多くの栄養素が必要というわけではないで、味付けも淡白な薄味です。
そのほうが犬の健康には適しているのです。犬が好むからと言ってキャットフードを与えたり、味付けの濃いものを食べさせると腎臓病になるなど弊害が起こります。
犬も味の濃いものを食べてしまうと、薄味に戻れなくなるので心を鬼にして健康のためにドッグフード以外は与えない方が賢明です。二大ペットと言われる犬と猫なので一緒に飼っている方もいるでしょうが、与える食事は面倒でも分けて同じものを食べないような工夫が必要です。