キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

キャットフードと穀物

猫は本来肉食です。かつおぶしをかけたご飯や味噌汁をかけたごはんのことを「猫まんま」などということがありますが、実際それだけでは栄養分が不足してしまいます。やはり動物性のタンパク質を基調とした猫ちゃん用のゴハンを与えなければなりません。それにはやっぱりキャットフードが一番です。
たまに与えればいいか、と思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、キャットフードは毎日与えて大丈夫です。
というよりも、毎日与えるべき猫の食事がキャットフードなのです。人と同じような食べ物ではタウリンなどの肉からなる栄養素が明らかに不足してしまいますし、塩分を分解する力が弱い猫にとって人が好むような味付けは塩分過多です。キャットフードにはカリカリとしたドライと、缶詰のものがあります。日持ちがして扱いが楽なドライは飼い主にとってとても楽なキャットフードですが、猫が水分不足になりがちというデメリットもあります。その点缶詰はペースト状になっているのでドライよりも生感が強く、水分を同時に摂取できるという利点があります。
ただし重量があってかさばるということもあり、購入するときに大変です。ドライも缶詰もちょっと気にしたいのは、小麦などの穀物が入っていることです。
原料が安いので中には嵩増しのようにたくさん入っている商品もあります。猫ちゃんは穀物で太ってしまいがちですので、穀物の配分量には気をつけてあげてください。