キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

猫にベジタリアンキャットフードを与える意味

ベジタリアンキャットフードというものがあるのをご存知ですか?原材料は主に穀類、豆類です。
猫は肉食なのに、肉を使っていなくて大丈夫かと心配になりますよね。ある商品の成分表を見ると、たんぱく質は約33%となっています。米や野菜、じゃがいもから抽出したものを使っています。肉を使ったキャットフードも40%前後ですから、たんぱく質が足りないということはなさそうです。
また、猫は必要な栄養素であるタウリンを体内で合成できないので、食べ物からとる必要があるのですが、これも添加されています。栄養的には問題なさそうです。ではなぜ、あえて肉を使わない商品を発売するのでしょうか。それは、肉を食べない方がヘルシーというイメージを人間が持っていて、それを求める人がいるからです。ですが、飼い主がベジタリアン(動物愛護の観点から)だからといって、猫にもそれを強いるわけにはいきません。猫が太りすぎだからダイエットにというのも、人間の考え方です。
本来、猫は穀類を消化しにくい動物ですから、胃に負担をかけることになります。アレルギーの猫用にというのもありますが、そもそも肉を主に食べるからアレルギーが多いように見えるだけで、穀類のアレルギーもあるのです(アレルゲンの特定は難しいです)。
本当にベジタリアンキャットフードが必要かをよく考えて購入しましょう。