キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

キャットフード ヘルシー

今や猫ちゃんも肥満やメタボと戦わなければいけない時代、飼い主の健康管理が問われるようになってきました。某漫画では猫が魚を咥えて逃げる、などというシーンもありますが、実際、今の猫は焼き魚など人間の食べるものをそのまま食べたりはほとんどしていません。ねずみを取る、なんていうのも昔の話で、取ったとしても狩りとしての狩猟本能のお遊びです。
そもそも猫は人間の食べ物を上手く消化できるような体の仕組みを持っていません。特に塩分を排出する力がありませんので、人が食べて美味しいと思う味付け、つまり塩味、醤油味などが効いたものは猫にとってはあまりよくない食べ物ということができます。人の食べ物ですと、カロリー過多も気になります。そんな猫ちゃんのために一番良い食べ物はやはり猫のために開発されたキャットフードです。
塩分、添加物が入っていないので猫ちゃんの体に優しく、分量の調節が容易なので便利な上に、自分で餌を作って与えるよりもコストが安く済みます。ブランドによって、ダイエット用、滋養強壮など用途を選ぶこともできますので、猫ちゃんの体質や好みによって美味しそうに食べてくれるものを数種類ローテーションすると、飽きも来なくて良いようです。
あまり値段や原料にこだわらなくても今のキャットフードはどれもバランスが良くできていますから、猫ちゃんが飽きなければ同じものをずっと与えても大丈夫です。馬肉のキャットフードもヘルシーでおすすめですよ。