キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

キャットフードでデンタルケアをしましょう

猫はほとんど虫歯にはなりません。その理由は、猫の歯の作りや形、食べるものによるものです。しかし、虫歯になりにくいからと言って、歯のケアは大切です。
デンタルケアを怠ると口腔内の清潔さが保たれず、歯周病になることが多く、稀に虫歯にもなってしまうからです。猫の歯周病は、人間と同様に、歯に歯石や歯垢がたまることでなります。軟らかいウェットタイプのキャットフードをあげている場合には特に要注意です。ドライタイプより、歯石や歯垢が付きやすくなります。そのままにしておくと、歯周病が進行し、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
だから、猫もデンタルケアが必要なのです。猫の前歯や歯の内側は歯石、歯垢が付きにくいので、歯の外側と特に形状が複雑な奥歯に重点を置いてケアをします。とは言っても、猫は自分で歯磨きはしませんし、飼い主がやってあげることもとても難しいです。
そこで猫のデンタルケアをキャットフードですることをお勧めします。歯石対策のデンタルケア用キャットフードです。猫は食べる際に、咀嚼をしないのですが、このキャットフードは噛まないと食べられない大きさになっています。
噛むことで、そのフードに歯をくいこませ、歯の表面についた歯石、歯垢を一緒に落とすようなものになっています。おやつや通常の食事に混ぜて、キャットフードでデンタルケアをし、猫の歯の健康維持に努めるのは、飼い主の役目です。