キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

毛並みが良くなる成分

猫って本当にすべての仕草が可愛いですよね。
すり寄って甘えてきたり丸まって寝ている姿は見ているだけで癒されます。
そんな可愛い愛猫ですが、たまになんだか毛並みが悪い時ってありませんか?

猫にとって毛並みは健康状態をチェックするのに大切なポイントになるので、愛猫の毛並みは毎日きちんと確かめると良いでしょう。
猫は具合が悪いとグルーミングをしなくなるので、どんどん毛並みが悪くなっていき、特に腎不全など内臓の病気や口内炎や歯周病などの口が痛い病気は毛並みが悪くなりやすいといいます。
毛並みが悪くなってきたと感じたら早めに獣医師に診てもらいましょう。

また、毛並みが悪くなる原因は年齢にも関係していて、老化によって皮膚や体毛のケラチン質が減少したり、皮脂の分泌量が減少していくことで毛並みが悪くなっていきます。
これは年齢によるものですからある程度仕方ない事ですが、多価不飽和脂肪酸という成分の適度な摂取によって生理的機能を維持する事で毛並みを良くすることが出来ます。
多価不飽和脂肪酸はひまわり油や大豆油に多く含まれているのでキャットフードに数適混ぜてあげると良いでしょう。
健康を考えるなら、素材はやはり無添加http://www.humanlikeyou.com/008adfreefood.htmlのものがいいでしょう。

また、ビタミンAが欠乏すると毛並みが悪くなるようなのでキャットフードをあげる時にきちんとバランスを考えてあげると良いでしょう。
ビタミンAが欠乏すると目の病気にかかったり、神経麻痺をおこしたり、皮膚が荒れたりしますが、ビタミンAは与え過ぎても良くないので、適度に与えてあげてください。
猫が健康で元気であれば毛並みが極端に悪くなる事はないので、日頃から愛猫の体調を気遣い栄養バランスのとれた食事を与えてあげる事が愛猫の毛並みを良くする1番の方法かもしれません。
毛並みを良くするにはブラッシングも有効です。
毎日ブラッシングしながら愛猫の毛並みをチェックしてあげれば愛猫の体調の変化に早く気づいてあげられるかもしれません。

毛並みを良くする成分を知って美しい毛並みを保ち、愛猫と楽しく生活したいですね。
こちらの敏感な皮膚・被毛に問題を抱えている猫に最適なキャットフードについての詳しい解説ページも、是非ご覧ください。
犬も一緒に飼われていて、間違って愛猫がドッグフードを食べてしまったという方は、http://showeryourpets.com/neko.htmlに対処法が載っていますので参考にしてみてください。