キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

糖尿病予防のキャットフード

糖尿病は、すい臓から血糖値を下げるインスリン分泌の働きが悪くなり、血糖値の高い状態が続く代謝異常です。
猫も人間と同じように糖尿病になります。体重過剰、高齢、去勢した雄が糖尿病になりやすいとされているので、特にこれらの条件に該当する場合、食事管理に気をつけなければいけません。糖尿病を予防するために、まず猫本来の食生活を知る必要があります。野生の猫は、肉が主食です。
小鳥、ネズミ、小さな爬虫類などを食べ、動物性たんぱく質の摂取を必要とています。飼われている家猫は、炭水化物が多く割合を占めるドライフードを食べていることが多いです。しかし、炭水化物が糖尿病の直接原因ではなく、高脂質フードが肥満を引き起こし、その肥満が糖尿病の要因になる可能性が高いのです。糖尿病予防に繋がるキャットフードを具体的に見てみます。
例えば、グレインフリーフードです。これは、ドライとウエットタイプ両方あり、穀類を含まず、本来必要としている栄養素をバランス良く配合しています。他には、カロリー制限をしながら、満腹感を与えてくれるプレートツー・プレートキャットツーがあります。
これは、ビタミンB1が糖質をエネルギーとして使うのを補助し、B2は脂質などのエネルギー代謝を促進する働きがあります。猫の健康状態に合ったキャットフードを選び、バランス良く食べさせることが結果的に糖尿病予防に繋がります。