キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

セミモイストタイプのキャットフード

キャットフードは水分の含有率や製造方法によってドライタイプ、ソフトドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプに分けられ、それぞれ特徴が異なります。キャットフードは猫の健康に大きく関わるため、特徴を理解して猫に合ったものを選びましょう。

今回はセミモイストタイプの特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

セミモイストタイプとは?
セミモイストタイプとは水分の含有率が25~35%程度のキャットフード。水分量が同じソフトドライタイプとの違いは製造方法であり、セミモイストタイプは加圧の際に空気を入れて発泡しておらず、ソフトドライタイプは発泡しています。


セミモイストタイプのメリット・デメリット
セミモイストタイプはドライキャットフードとウェットキャットフードの中間のような存在であるため、与えやすいことが魅力的。具体的なメリットは次の通りです。

・食いつきがよい
セミモイストタイプはドライタイプよりも水分を多く含んでいるため、香りが強いです。猫は香りによって食欲を左右されることがあるため、食欲のないときにセミモイストタイプのキャットフードを与えれば食いつきを改善できることがあります。

・食べやすい
ドライタイプと比較してやわらかい食感であるため、虫歯や歯槽膿漏の猫でも食べやすいです。特に歯や顎の力が弱くなった高齢猫にはセミモイストタイプが向いています。

・水分を摂取できる
猫はあまり水分を取りません。その一方、水分不足になると体調に悪影響が及ぶため、あまり水を飲まない猫にはドライタイプではなく、セミモイストタイプのキャットフードを与えると良いでしょう。

・保存しやすい
ウェットタイプよりも水分の含有率が低いセミモイストタイプは保存のしやすさもメリットです。商品によって具体的な賞味期限は異なりますが、モイストタイプのように開封後すぐに使いきる必要はなく、常温で保存できます。

セミウェットタイプは使いやすい反面、他のキャットフードより多くの添加物が含まれている点がデメリットです。セミウェットタイプに使われる添加物には次のようなものがあります。

・砂糖
品質を守るために使われますが、与えすぎると胃腸の調子を崩したり、肥満につながったりします。

・酸化防止剤
キャットフードが酸化して風味が落ちたり、がんなどの病気を引き起こしたりするのを予防する酸化防止剤にも注意しなければなりません。中でも、エトキシキンやBHAは猫の健康に悪影響を与えると指摘されています。


セミモイストタイプのキャットフードは嗜好性が高く、保存しやすい一方で添加物がたくさん使われています。セミモイストタイプを与える時は原材料を確認し、猫の健康に害を与えないものを選びましょう。