キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

キャットフード モニター

キャットフードを販売している会社で、たまにモニターを募集していることがあります。他にも獣医やトリミングのショップで小さなモニター用キャットフードをもらうこともあるようです。
猫の食いつきを見たいということと、喜んでたくさん食べてくれるようであればそのままリピーターになって欲しいという戦略のためのモニター商品ですが、後期心旺盛なやんちゃタイプの猫ちゃんは嬉しそうにモニターになってくれるのと反対に、警戒心が強くてあまり新しいキャットフードを喜ばないタイプの猫だとモニターとしては適しません。
ストレスになってしまうこともあるようです。モニターに応募すると、猫の食べている姿の写真や動画、飼い主から見た感想などを求められます。そしてもっと詳細な意見を求めたいということで、メーカーによっては人間にモニターを頼むこともあるようです。
実際にキャットフードを食べたことがあるという人は意外にいるもので、酔っ払ってツナ缶と間違えたという人や、美味しそうなのでつまんでみたという人もいます。その人たちの声を聞くと決まって「味が薄い」といいますが、これは当然のこと、キャットフードは塩分を抑えて作られているからです。それでは何をもって味を変えているかというと、原料です。
ツナやささみ、高級なものになるとまぐろや鯛なども使われています。たまに違う種類を試したい、という人は、応募してみると面白いものです。