キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

人気キャットフードランキング

このページでは、人気のあるキャットフードをランキングで紹介します。
ラインナップしているのは、安全性の高いフードだけ。
具体的には、こんな条件にこだわってみました!

・BHAなど、合成添加物を一切使用していない
・原材料は人間も食べられるヒューマングレードしか使われていない
・肉副産物(バイプロダクツ)を使用していない

これらの条件を徹底した、安全性の高い製品だけをラインナップしました。

1位【カナガンキャットフード】

公式サイトで詳細をみる

カナガンキャットフードは安全管理を徹底している人気のキャットフードです。

最大の特徴として、グレインフリーであるということが挙げられます。
グレインフリーとは、穀類を一切使用していないということ。
穀類が使われていないということは、それだけアレルギーのリスクが下がるということ。
つまり、安心して与えることができるということです。

原材料として使われているのは、イギリス産平飼いチキンです。
もちろんヒューマングレード!

また、タウリンが2200mg/kg配合されているのもポイントです。
先述した様に、グレインフリーなので高タンパク低炭水化物を実現しています。

子猫からシニアまで全ライフステージに対応しており、野菜やハーブも配合されているので自然に近い栄養バランスでヘルシー。
国際規格のSAI-GLOBALでクラスAを取得した工場で製造されているということもあり、品質管理は徹底されています。

材料が高品質なので、旨味もしっかり閉じ込められています。
ニャンコによって差はあるかもしれませんが、食いつきはとっても良いですよ!

一言コメント

我が家でも購入して常備しているキャットフードです。
かなり美味しいらしく、我が家の4匹のニャンコ全員の好物。
本当によく食べてくれます!

また、原材料は全て開示されていて、安心感があります。
合成添加物なども一切使われていません!
まずは、これをあげてみて!
というくらいオススメのフードです。

2位【シンプリーキャットフード】

公式サイトで詳細をみる

シンプリーキャットフードはサーモンを原材料に使っているキャットフードです。
シニア猫でも食べられる低カロリーフードで、食いつきも良い!
すぐに飽きてしまうということもなく、好き嫌いが多いニャンコにもオススメできます。

もちろん合成添加物は一切使用されていません。
安心して与えて大丈夫です。

配合されている成分の中でも特徴的なのが、キナ酸。
キナ酸は尿のph値を安定させてくれる成分です。
この他には、毛玉の排泄をサポートするオーツ麦やオリゴ糖などが含まれていて、その他にもシニア猫には嬉しい関節ケアに効果があるコンドロイチンやグルコサミンが配合されています。

一言コメント

品質管理が徹底されているのもシンプリーキャットフードのメリットの一つ。
動物愛護先進国・イギリスの中でも特に評価の高い、英国小売協会が設けた規格でAランクをクリアした工場にて製造が行われています。
そのため、人間と同等の高い基準でフードが製造されています。

ちなみに、食いつきも良い感じ。
我が家の4匹のニャンコのうち3匹は美味しそうに食べています。
1匹は気分にムラがあるみたいで、食べたり食べなかったり。
人間でも、「今日は魚じゃなくて肉の気分」なんてこと、ありますもんね。

3位【オリジンキャットフード】

公式サイトで詳細をみる

オリジンキャットフードは品質の高さが最大のメリット。
しかし、それに比例してちょっと値段が高いというのがデメリットです。
予算に余裕がある方は検討してみても良いかも知れません。

もちろん、合成添加物は一切されていません。
使用されている原材料は全てヒューマングレードなので安全性についても文句なし!
フードとしてクオリティが高いですし、値段が釣り合っていないという事は無いと思います。

一言コメント

市販されているキャットフードの多くには高GI穀類が使われています。
それに対してオリジンキャットフードは抗酸化作用が豊富なフルーツや野菜を使用。
肉類と野菜の比率は80%:20%です。

ちなみに、我が家のニャンコたちの食いつきは比較的良好。
4匹中3匹は美味しそうに食べています。