キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

ウェットキャットフードの選び方

最近、たくさんの種類が出回っているウェットキャットフードですが、選び方としては、猫の状態や与え方のスタイルで決めると良いでしょう。
ウェットキャットフードには、栄養を補完するものや一般食、補助的フードなど与え方によって色々な種類があります。例えば、ウェットフードだけずっと与える場合は、総合栄養食用のウェットフードを与えます。また、ドライフードと混ぜたり順番に交互で与える時は、様々な味が楽しめる一般食を選びます。他にも、好き嫌いをする猫やアレルギーがある猫の場合は、原材料で選ぶのも一つの手です。
また、各ブランドには「オーガニックの原材料のみ使用」などそれぞれ特長があり、各社のこだわりや明確なコンセプトがあるので、それを基準に選ぶのも良いでしょう。その他、何らかの疾患を抱えている、病気を予防するなどの目的で選ぶ方法もあります。
また、一つの家庭でたくさんの猫を飼育している場合は、量の多い商品を選ぶと経済的です。一般的に、ウェットフードは、一度開けると鮮度が落ちるので、1回か1日で食べきれる容量を開けなければいけません。従って、1頭のみ飼育している時は小さいものを、多頭飼育している場合は、量の多い商品を選ぶと良いでしょう。