キャットフード安全情報局Catfood Safety Information

メインイメージ

シニア猫のためのおススメの食事成分

年齢を感じはじめた猫ちゃんには、人間と同様に今までとは違った年齢に合った食事に変更することをおススメします。市販のペットフードでは、量を増やすために穀類が配合されているものが多く販売されていますが、肉食である猫ちゃんには穀類は合っている食事とは言えません。
人間とは違い、猫の歯は穀類を消化するために噛み砕くことが出来ないので、成長期など若い世代のうちは問題がなくても、年齢を重ねた猫ちゃんには消化不良のもととなり、毛ツヤも失われてしまいます。特に高齢の猫ちゃんは食が細くなってくるので、1回の食事の重要性も増してきますし、今後の寿命にも大きく影響してきます。
そんな猫ちゃんにおススメな食事の成分は、高タンパクで穀物不使用であることです。穀物を使っていない場合は、原材料グレインフリーと書かれていることが多いです。
シニア猫専用のペットフードに切り替えを行う場合にも、急に今までの食事と替えてしまうと警戒してより食事を摂らなくなってしまう場合があるので、今までに食べていたペットフードを織り交ぜ、抵抗がないように少しずつ今までのペットフードの量減らして、猫ちゃんに新しい食事に慣れてもらうようにしましょう。